一番に推薦するサイト -光ファイバー&ADSL調査編-

光ファイバーやADSLは基本的に長期間利用するものなので、数値上速いと見せかけた回線や特典を多くつけて安いと思わせる回線ではなく、実際に、敷設の手間やその後のトラブルが少ない、サービスや業者を選ぶ必要があります。以下に示す情報を基軸にすえることで、失敗を少なくすることが出来ると思います。

速度で選ぶなら光

光とADSLの速度比較図
光ファイバー接続とは光ファイバーを家の中まで引込んだ光による高速通信。通信速度はADSLの最大50Mbpsをはるかに超える100Mbps!!ADSLとは異なり、上りの速度(お客様→インターネット)も同じく100Mbps!
光はこんな人にオススメ

光の詳細を見る

価格で選ぶならADSL

ADSLは1,032円安い
ADSLとは一般加入電話で使われるメタリックケーブルを利用した高速インターネットサービス。速度はISDNの約781倍の最大50Mbps!導入も手軽で価格も他のインターネットサービスに比べ、最もお手軽です。
ADSLはこんな人にオススメ

ADSLの詳細を見る

パソコンがテレビに

速度はダイヤルアップの700倍以上
スポーツやライブの生中継、懐かしのアニメ一挙放送などコンテンツも充実し、ますます楽しくなったストリーミングサービス。
しかし、これらのコンテンツを存分に楽しむにはストリーミングの特徴から最低でもADSL程度のブロードバンド環境は必須となります。
なお、光なら高画質で快適なストリーミングサービスを楽しむことが出来ます。
ADSL乗換ガイドを見る

IP電話でもっと便利な生活を


IP電話とはご利用中の電話機がそのまま使えて難しい設定も一切不要!それだけで加入者同士の通話が無料など電話代がおトクになる次世代電話サービスです。(光・ADSL共通)

こんなとき便利!

例えば遠く離れている家族・友人、遠距離恋愛中の恋人に電話をかけるとき。IP電話は加入者同士なら通話料が無料なうえに一般加入電話への通話も全国一律なので市内通話をする感覚で(実際には市内通話より安い)気軽に電話できます。

サービス一覧

KDDIメタルプラスYahoo!BB
BROAD-GATE01OCN ADSLセットBフレッツフレッツADSL

[ADSLが見直されています]
最近、ADSLが見直されています。その理由は、主に価格ですが、以前よりも低価格化すすんでいるADSLでは光ファイバー接続よりかなり価格は低めに設定されています。メールやHPの閲覧が中心の場合、ADSLでも十分ということもできます。注意事項としては、最近宣伝されている月1000円位の超低価格ADSLはどうか?ということです。1つは、価格比較サイトの表示は、初期割引分が月割で計算されるので、見かけ上、安く見えることに注意する必要があります。もう1つは、今後、ADSL業者も統廃合が進んでいくことが予想されますので、しっかりした実績のあるところをセレクトする必要があります。

[そろそろ光ファイバにしてみる]
ADSLで納得できない方には、時代は光ファイバーのようです。実際、100Mに対応するためには、ルータやパソコンなども性能的なそれなりものを揃える必要がありますが、動画などのブロードバンドコンテンツを狙っている人は、ADSLでは厳しい場合もあります。特に、最近ではHDコンテンツも増えてきていますが、これをストリーミング再生するような場合、光ファイバーの方がかなり有利になります。業者選びに関しては、ADSLの場合と同様に、価格比較サイトの表示は、初期割引分が月割で計算されるので、見かけ上、安く見えることに注意する必要があります。また、光回線とプロバイダはどちらを先に選んでも特に問題はありません。

ブロードバンドとリスク 彩夏がきてくれて… SCMの議論の時に
光接続プロバイダのこともそっちのけ 光ファイバーとRSS
価格.COM OCN光 @nifty GyaO光
Bフレッツ ケイオプティコム
レンタルサーバーの比較と選び方
高性能・格安・AV家電の比較
格安・高性能パソコン・PCパーツの比較

戻る